無垢材の良さ

「実家にある十数年前のテーブルを直して使いたい」とご依頼が。まずは画像を見せて頂き確認。反りやねじれ、割れも確認できましたが、分厚い無垢の天板のおかげで「何とかなります」とご連絡。早速、最終現物確認。経年変化のせいか「カバ材」と聞いていたが、プロが見てもわからない程、白く色褪せてました。ですがそこは無垢材の良さ、削ると想像も出来なかった程の赤茶褐色の色鮮やかな木目が顔を出しました!脚を4本新たに製作し、面形状も手触り良く、素敵なテーブルとなり蘇りました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です