「子どもたちのワンダーランド(冬編)」

毎年、美瑛町白金の「国立大雪青少年交流の家」で行われている冬休み期間中のイベント「子どもたちのワンダーランド」のプログラムの一つとして、子どもたちにもできる木工の企画と講師を担当させて頂きました。このイベントの目的は、小学生が冬休みを利用して、子ども達だけで宿泊し自然体験、集団宿泊活動等を通して生活のリズムの向上とともに、自然環境、体験活動の楽しさを感じ取り、併せて子供の自主・自立の心を育てるものです。そこでWOODWORKでは「世界に一つだけの置時計」を考案させていただきました。タイトルの通り「世界に一つだけ」をキーワードに、子どもたちには創造力を高めてもらいアイデアを生み出し、新しい価値を生み出すという作業を木工体験を通し行ってもらいました。本当に予想以上の!予想もできなかった様々な作品に出会えてこちらも刺激を受けました。参加者は小学3年生~6年生までの子ども達30名。木工を通して、子ども達と楽しい時間を過ごさせて頂きました。そしてお手伝いしていただいたボランティアの学生さん達もありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です